伯豐道人の書道・篆刻教室


 

 
 よくある質問 Q&A

 ●お稽古について

Q:お稽古時間はどのくらいですか?
A:120分または90分です。担当講師によって異なります。伯豐道人のお稽古は120分/回、小松繚華のお稽古は90分/回です。

 

Q:お稽古は何曜日に開講していますか?
A:祝日を除く平日・土日にお稽古があります。平日は月・火・水・木・金曜、毎週土日からお選び頂けます。平日のお稽古は隔週での開催が殆んどです。詳しくは[お稽古日]を御覧ください。

 

Q:お稽古日はどのようにして決めますか?
A:選択/予約制です。ご希望の時間帯を事前に予約して頂きます。

 

Q:お稽古に来る曜日や時間帯は決めなければならないですか?
A:決めなくても構いません。その月のご都合に合わせて予約することができます。

 

Q:お稽古の予約は変えられますか?
A:事前にメールで希望日をご連絡頂き変更します。変更は3回まで可能です。

 

Q:休む時はどうしたらよいですか?
A:開始時間前までに必ずメールまたは電話でご連絡ください。そして都合のよい日に振替えてください。

 

●教室について

 

Q:教室の生徒さんの年齢層はどれくらいですか?

A:20代〜70代までそれぞれおります。

 

Q:生徒さんの男性・女性の比率はどれくらいですか?

A:3:7ぐらいです。

 

Q:駐車場はありますか?
A:ありません。お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用頂きます。 

 

●入会について

 

Q:入会の対象年齢はありますか?
A:入会対象者は16歳以上80歳以下です。(伯豐の講座)
   小松繚華の講座では、子どもを対象とした講座があります。

 

Q:どのコースで入会するか迷っています。
A:迷っている場合は初めにご相談ください。ご要望をお聞きし、適したコースをアドバイスします。コースは入会した後でも変更することができますので、ご安心ください。

  

●道具について

 

Q:書道の道具は何を揃えたらいいですか?
A:個人の持ち物は、筆(大筆・小筆)と固形墨が必要になります。硯・文鎮・下敷きは教室の備品を利用できます。また、紙・墨汁は消耗品として使用することができます(消耗品代500円を頂きます)。

 

Q:道具は教室で購入できますか?
A:全コース、入会時に推奨品をご用意できます。ご入会以降の購入は、一部を除き原則として各自購入です。実用書道コースの半紙・硬筆用紙・インクカートリッジ等は教室にて販売しています。

 

Q:道具を教室に置いておくことは可能ですか?
A:スペース的に難しく、各自持参しお持ち帰り頂いてます。道具は家で練習するためにも必要でしょう。

 

●指導について

 

Q:添削はどのように受けられますか?
A:はじめに教室に来た人順に添削指導を行います。一順した後はお好きな時に添削を受けることができます。

 

Q:どのような課題が用意されていますか?
A:はじめに初歩的な指導を行い、その後は尚友書道会の発行する「尚友」の月例課題に取り組んで頂きます。[尚友書道会発行「尚友」]また、総合書道コースは別途古典臨書を課すことがあります。

 

Q:宿題や家で行う作業はありますか?
A:家で事前に書いたもの・彫ったものを添削することが慣習となっております。強制ではありませんが、自宅学習と教室での添削を組み合わせ、効率良く練習することをお勧めします。

 

●段級取得について

 

Q:級や段は取得できますか?
A:尚友書道会の発行する「尚友」に出品することで、級・段位の認定を受けられます。[尚友書道会発行「尚友」]

 

Q:級や段は取得しなければなりませんか?
A:原則として「尚友」の月例課題に取り組み、月末に出品して頂きます。特殊な事情がある場合はご相談ください。[尚友書道会発行「尚友」]

 

Q:昇級試験はありますか?
A:各コース・各課題、年一回あります。総合書道・篆刻コースは春に、実用書道コースは秋に行います。

 

●その他

 

Q:服装はどのようなスタイルが好ましいですか?

A:万が一墨が付着して汚れても構わない服装が望ましいです。エプロン・前掛けなどを使われても構いません。

 

Q:作品展はありますか?

A:隔年で主催する「尚友書道会展」に出品することができます。その他、コース内容に応じて参加可能な展覧会が多数あります。詳しくは各コース案内をご覧ください。

 

Q:コースを複数受講することは可能ですか?

A:可能です。その場合、門下生コースでご入会されることをお勧めします。また、総合書道コースは実用書道コースの内容を含みます。

 

Q:通信指導は行っていますか?
A:「尚友」の課題の通信指導を行っております。詳しくは[尚友書道会 通信規定]をご覧ください。

 

《教室について》